第2設題教科教育法地理歴史Z1305

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数480
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課程の合格済みレポートです。あくまでも学習の参考としてお使いください。各科目B判定以上です。テキストを中心にまとめています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学習指導要領における世界史Bの内容(4)「諸地域世界の結合と変容」のウ「産業社会と国民国家の形成」の授業のあり方を、あなたの経験・テキストp12にある3つの社会科観・p92にある「世界最初の奴隷解放革命・ハイチ革命を扱って」の授業と関連させて考察しなさい。
     歴史を学ぶ意味は、過去の歴史事象と向き合い、そこから普遍的な価値あるものを見いだし、未来を築く知恵を獲得することにある。歴史授業では、人間の歴史事象に問いかけ、意欲的に学んでいくことができるように、授業を創造していくことが必要なのである。
    高等学校学習指導要領において、今回取り上げる世界史Bの内容(4)「諸地域世界の結合と変容」のウ「産業社会と国民国家の形成」については、「産業革命、フランス革命、アメリカ諸国の独立など、18世紀後半から19世紀までのヨーロッパ・アメリカの経済的、政治的変革を扱い、産業社会と国民国家の形成を理解させる。」と示されている。
    この授業のあり方について3つの社会科観、「世界最初の奴隷解放革命・ハイチ革命を扱って」の授業実践を用いて考察していく。
     3つの社会科観とは、①市民性を伝達するための社会科観②社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。