S0642 解析学概論 2015年度リポート第1設題 A評点

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数441
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学2015年度、解析学概論(S0642)第1設題A評点リポート

    テキスト:「追補版 解析学のための微積分入門(佛教大学)」

    A評点で返却されたので、品質に問題はありません。
    指定テキスト以外のものは何も使用せずにリポート作成し、
    途中式も省かず書いているので、ご自身の学習に役立ててください。
    また、
    3,200字で書くような他のリポートの場合と異なって、
    数学のリポートですので、購入者の方が丸写しをしてリポート提出しても問題はないかと思いますが、
    念のために、解答の言葉尻を変えるや、計算の仕方を変える等、してもらえればと思います。

    設題:
    1.一般項が、次で与えられる数列の収束・発散を調べ、収束する場合には、その極限値を求めよ。
    (1)1+(-1)^n
    (2)2(n+1)^2/n^2+1
    (3)√(n^2+1)-√(n^2-1)

    2.f(x)=x^nとおく。また、gを0を含む開区間でn回微分可能で、g(0)=1を満たす関数とする。但し、nは自然数である。この時、次の各問に答えよ。
    (1)関数fの第k次導関数f(k)(x)を求めよ。但し、kは、1≦k≦nを満たす自然数である。
    (2)h(x)=f(x)g(x)とおく。この時、h(n)(0)を求めよ。但し、h(n)(x)はhの第n次導関数である。

    3.閉区間[0,1]をn等分して得られる分割を考え、区分求積法を用いて、次の計算をせよ。
    ∫(x^2+1)dx

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 / 3
    S0642 解析学概論 第 1 設題
    第1 設題
    1. 一般項が、次で与えられる数列の収束・発散を調べ、収束する場合には、その極限値を求めよ。
    (1)
    とおく。
    偶数番目のみからなる数列は
    に収束しており、
    奇数番目のみからなる数列は
    に収束している。
    よって、数列
    は有界であるが収束はしない。したがって、数列
    は発散する。<終>
    (2)
    <終>
    (3)
       <終>
    2 / 3
    S0642 解析学概論 第 1 設題
    2.
    nx xf )(
    とおく。また、
    g

    0
    を含む開区間で
    n
    回微分可能で、
    1 )0(  g
    を満たす関数とする。
    但..

    コメント1件

    megton551 購入
    すいません。2の(2)答え間違ってますよ。さすがにこれでA評価になるわけがないと思うんですが…。2の(2)だけ自力でやってみてどうしても分からなかったため、購入してみたのですが、答えの間違った資料を購入して、また再提出になりました。本当にお金を返してほしいです。
    08/08 21:41 (4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。