チェーンストアについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数299
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    チェーンストアについて
    チェーンストアには大きく分けて3つの経営方法がある。
    1つはレギュラーチェーン。2つめはフランチャイズチェーン。3つめはボランタリーチェーン。
     まずはレギュラーチェーンについて説明しよう。自ら資金投下を行い、社員(店長と従業員)を雇用し、チェーンを経営・展開することで事業所を増やし事業の拡大を行うのが目的で、物販(小売)業、中食業、飲食業、サービス業の全ての分野で可能で、自社の組織・事業所の一部である。また、後程説明するが、レギュラーチェーンはフランチャイズ事業展開に先立つ商標・ブランド・サービスマークの信用・信頼の構築にも繋がる。店舗の利益が丸々自社の収益になるのも特徴だ。会社全体の経営計画に従って投資は行われ、売上・収益予算の達成についても、本社組織の一部である直営店はその一翼を担うことになる。主にスーパーマーケットや専門店がとる経営方法である。
     次にフランチャイズチェーン。フランチャイズチェーンにおいては、加盟店を経営・運営するのは、加盟店のオーナーである点において、両者の間に基本的な違いがある。フランチャイズ事業を展開するためには、直営店においてブラ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。