幼児理解「なぜ環境による保育が幼児教育では求められるのか述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数286
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    B判定です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「なぜ環境による保育が幼児教育では求められるのか述べよ。」
    はじめに
     「環境による保育」とは、子どもが自ら「やってみたい。」と思い、主体的・自発的に物事に取り組み、活動を展開していけるような状況を作る保育のあり方を言う。
     環境が乳幼児期の子どもに与える影響は非常に大きい。環境による影響が子どもの人格形成の基礎となるといっても過言ではない。
    幼稚園教育要領や保育所保育指針でも、その総則において「環境による保育」の重要さが記されている。
    幼稚園教育要領に示される「環境による保育」
    幼稚園教育は、学校教育法第77条に規定する目的を達成するため、幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うものであることを基本とする。
    このため、教師は幼児との信頼関係を十分に築き、幼児と共によりよい教育環境を創造するように努めるものとする。
    保育所保育指針に示される「環境による保育」
     保育所における保育の基本は、家庭や地域社会と連携を図り、保護者の協力の下に家庭養育の補完を行い、子どもが健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。