乳幼児期における言語発達段階の特徴をあげ又その時期の保育者の支援・援助の関わりについて述べよ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数412
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「乳幼児期における言語発達段階の特徴をあげ又その時期の保育者の支援・援助の関わりについて述べよ。」
     幼稚園教育要領は、5つの領域「健康・人間関係・環境・言葉・表現」から構成されており、「言葉」は、その一つである。幼稚園教育要領領域「言葉」は、「経験したことや考えたことなどを自分なりの言葉で表現し、相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚や言葉で表現する力を養う」とし、ねらいは、「自分の気持ちを言葉で表現する楽しさを味わう」「人の言葉や話などをよく聞き、自分の経験したことや考えたことを話し、伝え合う喜びを味わう」「日常生活に必要なことばが分かるようになるとともに、絵本や物語などに親しみ、先生や友達と心を通わせる」とされている。
    「保育所保育指針」においても「言葉」について大切に扱われている。幼稚園が3歳児から5歳児について述べられているのに対し、保育所は0歳児から6歳児と該当する乳幼児の年齢層が広い。保育所保育指針では、乳幼児の月齢にあわせて「言葉」についての内容や指導する上での注意事項が示されている。
    6ヶ月未満の保育の内容では、「笑ったり、泣いたりする子ども..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。