精神障害者の生活支援システムー居住支援

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数411
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成講座レポート  1200字 評価A
    課題は、「精神障害者の居住支援に関わるニーズをまとめ、そこに関わる精神保健福祉士の役割について述べよ」です。
    絶対に模写しないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神障害者の居住支援とは、食事、睡眠、くつろぎ、生活費のやりくり、隣人関係等の居住の場における暮らしの定着、安定に関わる課題に対して必要な支援を提供するための制度・施策及び相談援助活動のことを言う。
    長期入院経験者は社会生活機能、対処技能、高齢化に伴う身体介助等複雑かつ多元的な生活課題を有する場合が多く、そのニーズをまとめると次の通りである。①住環境については、住居の確保及びそのための経済的社会的条件整備、住居の維持安定性・快適性等の面でのニーズ②日常生活においては、家事等の役割分担、町内会等のルールや役割への対応等数多くの日課と支援機関やコミュニテイとの関わりを維持継続していく面でのニーズ➂..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。