精神保健福祉の理論と相談援助の展開ー家族会、セルフヘルプグループ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数306
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成講座レポート 1200字  評価A  絶対に模写しないでください
    問題は、「家族会やセルフヘルプグループの意義と役割について、具体的に考察しなさい」です

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    セルフヘルプグループとは、病気や障害などの生活上の困難な問題を抱える人が、共通の問題を抱えながら生きる人々と出会い、経験を分かち合って、自分で問題に対処できるようになると共に、相互に支援し合うために組織され運営されるグループのことである。家族会もその1つである。
    セルフヘルプグループの意義については、その活動において➀「援助を与える人が最も援助される」というヘルパーセラピー原理を掲げ、援助することを価値としていること。例えば例会での司会担当、新しい参加者への活動説明、資料作成、行事準備等の援助を与える機会を通じて自分自身に価値を見つけ、スキルを身に着けたりすることが出来るという考え。②体験を通..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。