精神保健福祉に関する制度とサービスーコミュニテイソーシャルワーク

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数317
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成講座レポート 1200字  評価A 模写しないで下さい
    課題は=中央法規出版「新・精神保健福祉士養成講座、『精神保健福祉に関する制度とサービス』2014年」の事例「フォーマル・インフォーマルな社会資源との共同によるコミュニテイソーシャルワーク」を読んで、コミュニテイソーシャルワークの協働において、精神保健福祉士が果たす役割を述べよ、です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     コミュニテイソーシャルワークの協働は、複数の援助機関や地域住民等のネットワークやチーム形成による連携によって、地域の社会資源の活用や開発により、援助の幅と可能性を大きく広げるものである。ネットワークの類型は➀専門職だけの構成②専門職と地域住民やボランテイア等のインフォーマルな担い手の両方で構成➂インフォ-マルな担い手で構成するものがある。
    A精神保健福祉士はB市役所で、「地域生活支援事業」の一環として、多様な事業主体が参入し障害者の生活を支える取り組みを担当しており、自ら連携の主体であり、また連携のつなぎ役としての役割が求められている。
    事例においてAは、ピアグループとの最初の接触をピアグル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。