精神保健福祉の理論と相談援助の展開ーケアマネジメントモデル

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数516
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成講座レポート 評価A 1200字
    課題は「精神保健福祉援助におけるケアマネジメントのモデルを整理し、実施上、配慮すべき点についてまとめなさい」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神障害者ケアマネジメントは、対象者の日常生活、社会生活上の複合的なニーズを充足させるため、精神障害者の特徴に配慮した上で適切な社会資源を結びつける援助手法である。
    ケアマネジメントの方法には➀ACT②ストレングス型➂仲介型④拡張仲介型⑤臨床型⑥リハビリテーション型⑦集中型等のモデルがある。①は包括型地域生活支援と訳され、重度の障害者が住み慣れた地域で安心して暮らしていけるように多職種でチームを組み、訪問支援や24時間365日体制でサービスを提供する支援プログラムで、リカバリー、ストレングス、パーソンセンタードケア等の視点の特徴がある。②はクライエントが本来持っている能力や環境側の潜在的能力に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。