精神保健福祉相談援助の基盤(専門)ー精神保健福祉士の役割

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数728
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成講座レポート 評価B  1200字
    課題は「精神保健福祉相談援助における総合的・包括的援助活動の具体例を示し、そこでの精神保健福祉士の役割についてまとめなさい」です。1200字
    絶対に模写はしないでください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    病院の相談支援業務で私が関わっている事例を示す。AはB市の職員研修所中堅管理職として勤務している57歳男性。家族は妻(52歳、無職)、娘(21歳=統合失調症、無職)、Aの母(87歳=特養入所)の3人である。Aは研修所講師も務め、まじめで職員の信望も厚かったが、半年前に脳出血で入院、手術。6か月の脳出血後リハを受け、退院。リハ科で高次脳機能障害と診断され、高次脳機能障害専門外来を行っている当院へ紹介。退院時には退職して新たな就職先を探すとの意向だったが、退院後の職場挨拶時に上司からリハをしっかりして復帰するように言われ復職意向となった。
     事例に対するこれまで及び今後の対応で、精神保健福祉士が果..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。