精神疾患とその治療-認知症の特徴と治療のポイント

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数248
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成講座レポート 評価A 1200字
    絶対に模写しないでください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    認知症は、一度正常に発達した知的機能、精神機能が、後天的な脳の器質障害によって持続的に低下して、日常生活や社会生活に支障をきたしている状態である。認知症の症状は、脳の変性に直接由来する中核症状と周辺症状(BPSD)に分けられ、中核症状には、記憶障害や見当識障害、注意障害、遂行機能障害、認知機能の低下などがあり、程度や時期の違いはあっても誰にでも起こる症状である。周辺症状は、心理要因、環境要因、身体要因等の要因によって起こり、うつや不安、発動性低下、せん妄、幻覚、妄想などの随伴的な症状、あるいは徘徊、暴言や暴力などの異常行動があげられ、人によってあらわれ方が多様で個人差が大きい。当初、周囲が困り..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。