精神保健の課題と支援➀ー入院形態

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数251
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成講座 レポート評価 A  1200字
    課題は「精神保健福祉法に基づく入院形態に関し、入院条件や権限者等を含めて説明せよ」です。模写しないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉法は、精神科治療における入院の法的根拠であり、任意入院の他、病状によっては、本人の自由意思に反した医療行為を行わざるを得ないことがあるという精神科医療の特性から、措置入院、緊急措置入院、医療保護入院、応急入院の5つの形態が規定されている。
     任意入院は、本人の同意に基づいて行われるもので、退院も本人の申し出で可能である。但し、精神科病院管理者は、指定医の診察結果、医療及び保護のため入院を継続する必要があると認めたときは72時間、また緊急止むを得ない時に特定医師の診察による場合には、12時間を限りとして退院制限することができる。任意入院は入院全体の半数以上を占める。
    措置入院は、精神..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。