相談援助演習ー地域福祉の展開過程

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数999
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成講座。レポート評価A。1200字  課題は「地域を基盤とした相談援助の具体的な事例を「地域福祉の展開過程」としてまとめ、アウトリーチ、ネットワーキング、社会資源の活用・調整・開発、地域福祉計画の策定などソーシャルワークの課題について述べよ」です。テキスト事例を取り上げた。模写はしないで下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキスト演習・事例1」を地域福祉の展開過程としてまとめ、考えを述べる。
    A市地域包括支援センター職員B(社会福祉士)は、在宅高齢者の情報収集のために出席した民生児童委員協議会で民生委員から、話し相手が欲しい独居高齢者の増加や、孤立感を感じている子育て中の母親の存在等から、話し相手になるボランテイアの必要についての相談を受けた。Bは当面社協のボランテイアセンターに対応を依頼したが、同様事例の増加を予測し、職場で他の職員も同様の経験があることも確認。Bは、この経験から地域には日常業務からだけでは把握できない様々な問題の存在に気づき、関係者が協働して対応策を検討する必要があると考え、市社会福祉課に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。