相談援助演習ーソーシャルワークの課題と実践

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数437
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成講座。レポート評価A。1200字  課題は「障害や慢性疾患のある人、高齢者など、何らかの生活困難を抱えた人が地域で生活をしていく場合の具体的な事例を取り上げ、ソーシャルワークの課題とその実践について考察し、考えを述べよ」です。テキスト事例を取り上げた。模写はしないで下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキスト演習・事例37」により、ソーシャルワークの課題と実践について考察し、考えを述べたい。
    A(20歳・男)は、5歳の時に自閉症(知的障害を伴い、療育手帳A、重度)と診断。家族は、父、母、姉との4人家族。
    両親はAが養護学校高等部卒業後、現状では就労について相当困難と考えていたが、教員と相談したところ、就労の可能性を見出すためにも自閉症者の支援に経験のある就労移行支援事業所を勧められ、そこの担当者(社会福祉士)に相談することとした。
    Aは3歳児健診で多動、言葉の遅れの可能性を指摘され、様々な医療機関や相談機関に行くがきちんとした助言もなく、母は不安を増幅。5歳時に大学病院小児神経科で自閉症..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。