福祉行財政と福祉計画ー策定実施にあたっての社会福祉士の役割、課題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数745
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成講座の課題「福祉計画の目的と意義を踏まえて、あなたの住んでいる地方自治体の地域福祉計画を取り上げ、福祉計画の策定実施に当っての社会福祉士の役割、今後の課題などについて論ぜよ」です。 レポート評価A。1200字  絶対に模写しないで下さい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉計画の目的とは、福祉計画を策定するという行為、過程が持つ目的であり、福祉計画という手段が政策的にどのような文脈の中で取組まれるかによって異なる。市町村が策定する福祉計画を想定すると、国の福祉政策との関連で、法的に策定が義務付けられている福祉計画ではその策定目的が明記されており、国の新たな制度導入に必要な事業等の円滑な実施手段として活用されている。一方市町村の福祉行政は、国の政策的な意図やルールに反しない限り地方分権の観点から福祉計画を活用することも重要であり、福祉計画の目的に自治の推進という課題が位置づけられることになる。そのため地域住民の計画策定への参加が重要な方法として確保され、多様な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。