相談援助の理論と方法ーアウトリーチ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数740
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成専門学校の課題「ソーシャルワークにおけるアウトリーチについて述べよ」です。評価A。模写しないで下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アウトリーチとは、ソーシャルワーカーが、相談機関に持ち込まれる相談を待つのではなく、問題を抱えた人がいる地域社会や、その人たちの生活空間に出向き、相談援助というサービスを提供することである。
    アウトリーチの対象となる個人や家族とは、深刻な生活上に問題を抱えているが、自ら援助を求めてこない人たちであり、近年では、一人暮らしの認知症高齢者、高齢者夫婦世帯で共に認知症状態にある人、精神疾患があるが治療を受けていない人、年齢、障害を問わず虐待や権利侵害を受けている人、専門職の積極的なアプローチなくしては生活が成りたたない人たちの存在が指摘されている。アウトリーチの対象は、こうした個人、家族のみならず、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。