低所得者に対する支援と生活保護制度ー生活保護における「3つの自立」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数317
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成講座の課題「生活保護における「自立支援プログラム」の内容と、プログラムを実施オする上で配慮すべきことを、生活保護の「自立」の考え方を踏まえ論ぜよ」。評価A。模写はしないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    最後のセーフテイネットとしての役割を持つ生活保護制度は、社会変化に起因する多様な生活不安や問題が大きくなっている中で、今後ともこの役割を果たしていくためとして、2003年、社会保障審議会の中に「生活保護制度のあり方に関する専門委員会」が設置され、2004年の報告では、自立支援プログラムの導入の必要性がのべられた。報告書では、社会福祉法の理念をもとに、自立支援について、「就労による経済的自立のための支援(就労自立支援)のみならずそれぞれの被保護者の能力やその抱える問題等に応じ、自分で自分の健康・生活管理を行う等日常生活において自立した生活を送るための支援(日常生活自立支援)や、社会的なつながりを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。