児童や家庭に対する支援と児童家庭福祉制度ー保育所関連

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数192
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「保育所をめぐる現状と課題について述べよ」社会福祉士養成専門学校の課題。評価A。絶対に模写しないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    我が国の保育体制は児童福祉法による保育所を中心としつつ、対応できない時は他の保育サービスを活用する仕組みとなっている。
    戦後の保育施策は認可保育所の事業を中心に展開されてきたが、1990年代以降は少子化対策の一環として子育てと仕事の両立支援を進めるため、特に低年齢児童を中心とした待機児童解消の対策が進められ、認可保育所設置の規制緩和や緊急整備等により受け皿の整備が進められてきている。この量的拡充に併せ保育ニーズの多様化に対応するため提供手段の多様化も進められ、後述する認可保育所事業以外の保育サービスも拡充され、「エンゼルプラン」から「国と自治体が一体的に取り組む待機児童解消『先取り』プロジェク..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。