障害者に対する支援と障害者自立支援制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数322
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「障害者基本法改正の動向を整理し、園意義と課題について論ぜよ」
    社会福祉士養成講座の課題です。絶対に模写しないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者基本法は、今世紀に入って2度の大きな改正がなされた。最初の改正は、2004年で、障害者の活動を制限し社会への参加を制約している諸要因を除去して、障害者の社会参加の一層の促進と、障害者が自らの能力を最大限発揮して自立できるように施策を総合的計画的に推進することを目的に行なわれた。主な改正の内容は、基本的理念に差別の禁止を加え、「何人も障害者に対して障害を理由として、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない」と規定し、国、地方公共団体の責務として障害者の権利擁護及び障害者への差別防止の責務が規定され、又、社会連帯の理念に基づき、国民の責務として障害者の人権が尊重される社会の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。