地域福祉の理論と方法ー社会福祉の発展過程の中での地域福祉の基本的考え方の具体化

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数629
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本における社会福祉の発展過程の中で、地域福祉の基本的な考え方(人権尊重、権利擁護、自立支援、地域生活支援、地域移行、社会的包摂等)はどのように具体化されてきたかについて論ぜよ。
    社会福祉士養成講座の課題です。
    1200字  絶対にに模写しないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉は、経済的自立のみでなく人間としての特性を活かした自立生活を支援する対人援助サービスであるが、地域福祉はその一つとして、自立生活が困難な個人や家族が、地域において、自立生活が出来るように必要なサービスを提供することであり、そのために必要な物理的精神的環境醸成を図ると共に社会資源の活用、社会福祉制度の確立、福祉教育の展開を横断的・総合的に行なう活動とする新しい考え方・サービスシステムである。
    戦前における地域福祉の源流は、セツルメント運動、方面委員制度、中央慈善協会等に求めることができる。戦後復興期に生活困窮者への対応で制定された福祉3法は1960年代の高度経済成長期からの社会福祉問題に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。