相談援助の理論と方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数771
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    相談援助における専門的な援助関係の形成と、面接場面で用いられる技法、特に「傾聴」を基本とする面接姿勢を中心に論ぜよ。

    社会福祉士養成専門学校の課題。評価A 絶対に模写しないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助関係はカデユ―シンが「ワーカーとクライエントとの情動的相互作用」といっているが、この援助関係の形成に影響を与えるものにバイステックの7原則と面接技術がある。バイステックの7原則には、個別化意図的な感情の表出統制された情緒的関与受容非審判的態度利用者の自己決定秘密保持、の原則があり、面接技術には、観察傾聴共感的理解支持基本的応答技法としての質問、内容の反射、直面、沈黙等がある。特に傾聴は面接における最も基本的な姿勢でありかつ重要な技術でもある。
    テキスト7のp244の事例で述べる。「」はテキスト記述部分。
    「ようこさん(仮名、69歳、女性)の夫(76歳)はここ半年ほど物忘れがひどくなりか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。