高齢者に対する支援と介護保険―介護保険のこれまでの改正とその意味について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数164
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成講座 評価 A 絶対に模写しないでください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護保険制度は、1960年代から急速に進展した高齢化によって、①出口の見えない長期の介護②高齢者が高齢者を介護する「老老介護」③家庭内の女性の無償労働による介護という在宅介護・家族介護の限界に近い状況が生じ、この解決を目指して2000年4月にスタートした。その内容は、①社会全体で介護を支える「介護の社会化」、②サービス利用の措置制度から利用契約制度への転換、③保健・医療・福祉に分離していた介護サービスやその手続き・費用負担などの統一④サービス供給主体の多様化によって競争原理の導入によるサービスの質の向上⑤ケアマネジメントの考え方の導入による介護の標準化、科学化などである。
    介護保険法施行後、要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。