高齢者に対する支援と介護保険―高齢者の生活支援にあたって、支援者としての基本的態度と社会福祉士の役割について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数423
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成講座レポート 1200字  評価 A 絶対に模写しないでください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者の支援にあたっての基本的な考えは、社会の一員としての個人の尊厳を保持し、その有する能力に応じて自立した日常生活を営むことが出来るように支援することであり、とりわけ高齢期の要介護状態が国民誰にでも起こりうる課題であることを踏まえ社会全体で担っていこうとすることである。
    支援の内容は、就労支援、地域活動への参加支援、介護保険サービスの利用を支援するケアマネジメント、施設の入退所を巡る相談支援、在宅、病院、施設における終末期ケアを巡る支援等多岐にわたっている。
    支援にあたっての留意点は①高齢者は多様性の塊であり、状況は個々それぞれであることや、各人の「語り」によって示される主観的世界への理解、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。