相談援助演習―社会的排除の具体事例について、ソーシャルワークの課題と実践について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数718
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成講座  絶対に模写しないでください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会的排除」をとりあげる「テキスト演習・事例20」についてソーシャルワークの課題について述べる。事例は次のとおりである。
    「A(34歳、男)は大学で経営学を学び1997年に語学力を活かしてアジア向け貿易会社に就職。1998年の韓国の通貨危機のあおりを受け会社の業績悪化とそれに伴う給与の減に見切りをつけ2003年に退職、大手のカメラ生産工場に契約社員として就職。収入は外国籍の妻(33歳)と5歳の長女の3人には不十分で年金の掛金、国民健康保険料も払えず無保険状態が続く。外国籍の妻は日本語が不得手なこともあってパートタイムすら見つからない状況、Aはアルバイト契約に変更して昼間を語学力を生かした就職..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。