社会保障―公的年金保険の概要について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数140
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会福祉士養成講座 レポート評価 B 絶対に模写しないでください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    公的年金制度は、国民年金、厚生年金保険、共済組合に分かれ、国民年金以外は被用者保険であるが、国民年金は20歳以上の全国民に適用される基礎年金制度を担っている。
    国民年金の被保険者は、20歳以上60歳未満の自営業者等の第1号被保険者、厚生年金保険及び共済組合の被保険者等の第2号被保険者、第2号被保険者の被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の第3号被保険者に分けられる。基礎年金の内、老齢基礎年金は、受給資格期間25年以上ある者に対して65歳から支給される。受給期間は65歳に達した月前の保険料納付済期間、保険料免除期間、合算対象期間を合算した期間である。年金財政の調整は、5年毎の財政収支状況と100年..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。