現代社会と福祉ー諸外国の福祉政策の特徴を整理し、日本の福祉政策と比較して、今後の課題を述べる

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数618
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    社会福祉士養成講座レポート  1200字   評価A
    模写はしないで下さい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    まず、スエーデン、アメリカ、ドイツ、イギリスについて、社会保障給付費の対GDP比で量的比較をする。スエーデンは社会保障給付費も租税負担率も高く、アメリカは両方とも低い。中間にドイツ、イギリスが位置し、日本は社会保障給付費でイギリスとアメリカの間、租税負担率でアメリカと同様の位置にある。又2000年時点の介護支出については、スエーデンは規模が大きく公的指向が強い。一方日本では規模は相対的に小さいが公的指向が強い。ドイツは規模、公的指向とも両国の中間にあり、アメリカ、イギリスは、規模はドイツに近いが民間志向が強い。現在の日本は、規模が大きくなり、民間志向も強くなっていると思われる。
    次に、主に介護..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。