現代社会と福祉 社会福祉基礎構造改革の背景と特徴及び今後の課題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数709
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    社会福祉士養成講座レポート 1200字  評価A 模写はしないでください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    戦後、混乱期を乗り越えた日本経済は、飛躍的な高度経済成長を遂げ、国民の消費水準も大きく向上した。一方で上下水道や廃棄物処理などの生活環境整備の遅れ、公害問題、過疎・過密といった地方と都市との格差問題などと共に、社会保障水準の低さも問題となり、西欧の福祉国家を目指すべく年金水準の引き上げや医療制度の充実、児童手当の創設、社会福祉施設整備等が進められた。
    しかし、1970年代の2度のオイルショックを経て、高度経済成長も終わり、赤字財政が深刻化し、財政再建の下、福祉分野でも西欧と違った日本型の福祉社会を目指すことになった。
    1980年代以降、老人保険制度による医療費の一部負担や、年金制度一元化への第..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。