心理学理論と心理的支援ー条件づけ理論と心理療法技法

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数296
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成講座 レポート 評価A 1200字  絶対に模写しないでください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    認知症の定義は、「いったん獲得した知的機能が後天的な器質的要因により低下した状態」とされ、患者数は現在、全国で約200万人といわれている。その原因となる疾患は脳の神経細胞がゆっくりと死んでいく変性疾患のほか、脳血管障害、感染症、腫瘍など様々であるが、変性疾患であるアルツハイマー病が最も多く約半数、次いで脳血管障害が続き、そして脳の変性疾患であるビマン性レビー小体病となっており、これらで原因の大部分を占める。
    認知症の症状は2つのタイプに分けられ、共通しているといわれている中核症状と、これに伴って起こる周辺症状がある。中核症状は、病気によって脳の認知機能が障害される事によって引き起こされる症状で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。