社会福祉 相談援助の理論と方法ー医学モデル、生活モデル、ストレングスモデル

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,779
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉社会福祉社会科学問題課題医学援助

    代表キーワード

    社会福祉

    資料紹介

    社会福祉士養成講座 1200字  レポート評価A  絶対に模写しないでください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医学モデルは、1970年代にリッチモンドによって、医師が患者に対して患者が抱える疾病の直接的原因を特定して原因を除去することを目標に治療するという過程を範にして、クライエントが抱える問題の直接的原因を社会診断により特定し、処遇するという過程として確立され、基本的・伝統的なモデルとなっている。このモデルの特徴は、クライエントを、問題の原因を持っている対象としてとらえ、クライエントが抱えるこの原因を特定する過程では、客観的・科学的証拠(エビデンス)を重視した実証主義に基づいて直接的因果関係を明らかにしようとするものである。マイナスをゼロにまで改善しようとする考えである。
    生活モデルは、1980年代..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。