社会調査における量的調査と質的調査

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数592
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉情報社会調査分析サービス障害集団社会調査方法

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    社会福祉士養成講座  レポート  1200字   評価A  絶対に模写しないでください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会調査とは、客観的な方法によって社会事象に関するデータを現地調査によって収集、処理、記述及び分析する過程を通して社会事象を定量的または定性的に認識するために行われるもであり、量的調査と質的調査がある。
    量的調査とは、調査対象の集団から、ある規模の価値化できるデータを集め、その集めたデータから元の調査対象の集団の性質を統計学的に探ろうという調査である。はっきりとした基準に従って答えられる問いで得られる場合に適している。
     質的調査とは、数字には表せない言語によって記述されたデータ
    を分析して、現象の記述、仮説生成或いはモデル生成を目的とする
    調査であり、あるフイールドの中で生きている人々の視点..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。