社会理論と社会システムー日本における地域社会の変化

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数371
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会地域都市組織人間自立人間関係地域社会人口生活

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    社会福祉士養成講座 レポート評価A 1200字  絶対に模写しないでください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域社会とは、居住と生活を軸にした地域のことで、住むことを中心にして広がる社会関係の存在を前提にした、具体的な場所に関連づけられた社会のことをいい、コミュニテイとも呼ばれている。
    地域社会で生活を営む上で、最も一般的な住民組織が自治会や町内会等の地縁組織である。これは都市部においても農村部においても概ね実際に生活する範囲を基盤につくられた、その地区の生活を住民の手で管理・運営するための組織である。農村部ではこの範囲は江戸時代の「むら」にまで遡ることが珍しくなく、そこでの様々な組織の中心であった寄り合い(のちの自治会)が今日まで尾を引いている。都市部においても「町」「丁」の自治会や町内会はこうし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。