医療福祉論 在宅医療の現状からみる今後の課題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数452
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    レポート判定Aです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療福祉論期末課題
    在宅医療の現状からみる今後の課題
     2012年、我が国日本では診療報酬改定により在宅医療重視の方向が確定された。超高齢社会とも言われている日本において、在宅介護、在宅医療の必要性は大いに高まっている。このため、在宅医療の質の向上や、それに関する医師数や設備体制を強化する見直しなどが行われたのだ。
     今回私は、在宅医療を必要とする人々の中でも特に多い終末期医療、高齢者と在宅医療について視点を当てて在宅医療の現状から今後の課題、解決策について考察していきたいと思う。
     診療報酬上の在宅医療が制度化されたのは、1980年のインスリン在宅自己注射指導管理料の創設による、在宅医療における指導管理料の新設である。以降、1986年に診療報酬の概念が導
    入され、2006年には在宅療養支援診療所の創設、2008年に在宅療養支援病院が設立され、そして2012年在宅医療の充実と評価、機能強化型在宅医療支援診療所・病院の創設が行われた。このようにここ30年間で国は、在宅医療の提供体制の整備を推進してきたほか、訪問看護やショートステイなど、療養生活を支えるケアサービスの充実も図ってきた。しか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。