憲法 統治 レポート、答案対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数81
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、法科大学院、公務員、行政書士、司法試験 の学習の一助になれば幸いです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法 (統治) 試験対策 
    ・通信教育のレポート、定期試験、法科大学院入学試験、公務員試験や行政書士試験、司法試験などの学習の一助にご利用いただければと思います。一学習者のノートの抜粋程度のものですので、傍らに基本書を置いて、学習なさることをおすすめします。
    ・以下の項目についてまとめています。
    国政調査権について
    衆議院の解散について
    独立行政委員会について
    (参考文献:芦部信喜「憲法」有斐閣)
    ・今後、補訂していきたいと思います。
    国政調査権について
    1 国政調査権とは、国会を構成する両議院が国政に関する調査を行い、これに関し証人の出頭・証言および記録の提出を要求することができる権能をいう(62条)。
     この法的性質については、国会の「国権の最高機関」性(41条)の捉え方と関連して争いがある。
     思うに、我が憲法は、個人の尊厳(13条)を確保するため国民の自律的意思による国政の運営という国民主権(前文・1条)を統治機構における民主主義原理の具体化として採用した。そして、主権者たる国民の代表者(43条)によって構成される国会が主権者に最も近くに位置するとの理念的意味で「国権の最高機関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。