学習指導と学校図書館_課題レポート1_八洲_評価A_(最終評定:優)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数725
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校司書教諭免許取得科目:学習指導と学校図書館
    課題レポート(2012秋)。
    評価は最高のA。
    自分の考察を重視しています。
    ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校図書館スタッフとして、司書教諭及び学校司書は学校図書館の活用を推進するため
    の業務を担う。以下に1.学校全体に対して、2.教職員に対して、3.児童・生徒に対
    して、4.保護者に対してという4つの面について司書教諭及び学校司書が担う役割につ
    いてまとめる【1】。
    1.学校全体に対して
    ① 学校図書館の重要性についての発信:
    具体的には、学校図書館の存在意義を説明し、教員の意識改革を図る。
    ② 教育課程編成に際しての提案:
    具体的には、教育課程編成時に読書教育や情報リテラシーの育成カリキュラムを提
    案し、図書館年間活動計画等を作成する。
    ③ 図書館運営や図書館活用を校内組織へ位置づける:
    具体的には、図書館部や図書館運営委員会などを設けて、図書館活用を推進する。
    ④ 学校評価に学校図書館活用評価を位置づける:
    具体的には、学校評価指標に学校図書館の活用状況を盛り込む。
    ⑤ 研修会の開催:
    具体的には、教員の情報リテラシー教育や情報活用スキルの向上を図る。
    2.教職員に対して
    ① 資料や情報を提供する:
    具体的には、教員に対して授業等で用いる資料や情報を提供す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。