読書と豊かな人間性_科目修得試験_評価:優

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,077
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校司書教諭免許取得科目:読書と豊かな人間性
    科目修得試験レポート(2012)。評価は最高の優。
    自分の考察に重きを置いて書いています。
    ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [問題1] 読み聞かせ・ブックトーク・ストーリーテリング・アニマシオン・読書会のう
    ち、一つを選んで、1000 字程度で説明しなさい。
    ブックトークとは、あるテーマを立てて、一定時間内に何冊かの本を複数の聞き手に紹
    介する事であり、図書館、学校においては児童・生徒達を聞き手の対象として図書館司書、
    司書教諭、民間の図書ボランティアなどにより行われるものである。 ブックトークの目的
    は、「その本の内容を教えること」ではなく、聞き手にその本の面白さを伝えて読書意欲を
    掻き立てる事にある。
    ブックトークは、読み聞かせや朗読とは異なり、本を最初から順に読んでいくというこ
    とはしない。代わりに、聞き手が興味・関心のあるテーマを決めておき、それに関連する
    本を種々取り混ぜて数冊選択し、紹介していくのである。どの本のどのページを紹介する
    かなどは予め決めておき、全体を通してどのような構成にするかは準備する必要があり、
    決めたテーマに即し、かつ聞き手の興味を引く構成になっているかなどの熟考が必要であ
    る。ブックトーク本番では聞き手の様子を伺いながら行うとよい。
    ブックトークの簡単な流れと注意事項..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。