学校経営と学校図書館_科目修得試験_評価:優

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数819
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校司書教諭免許取得科目:学校経営と学校図書館
    科目修得試験レポート。評価は最高の優。
    自分の考察を重視しています。
    ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問:「読書センター」「学習情報センター」として学校図書館を十全に機能させるために、
    校長はどのように配慮したらよいか、考えを述べなさい。
    学校経営の責任者である校長は民間企業で言うところのマネージャーを統括する経営責
    任者に相当する。校長が実際に手を動かす必要はないが、教師の管理など、そのパフォー
    マンスを十分発揮し得る組織作りや管理が彼らの業務になるため、非常に重要である。
    学校図書館というのはそれそのものが学校の教育目標の達成を図る上での創意機能であ
    る側面から、無計画に日常的な図書の貸出業務をこなしているだけでは学校教育目標を支
    援するという学校図書館の目的も任務も果たす事ができない。よって、学校図書館をより
    良い物にしていくためには、学校図書館の経営計画に校長は積極的に参画し、学校図書館
    が学校の教育目標を達成できるように必要な予算を組んだり、必要な人員をアサインした
    りするなどの計画を立てていく必要と責任を負うのである。
    学校図書館経営の過程を機能的に分析した時、一般的な経営と同様に Plan (計画)、Do
    (実施)、See (評価)の3つの過程に分けられるのは周知の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。