学校経営と学校図書館_課1_評価A_八洲_(最終評定:優)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数784
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校司書教諭免許取得科目:学校経営と学校図書館
    課題レポート。評価は最高のA。
    自分の考察を重視しています。
    ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問:学校図書館の学校教育における重要性を述べなさい。
    学習指導要領に示されている新しい教育観念である「生きる力」の醸成は非常に難しい
    問題である。現在の日本が抱える社会情勢や若者が抱える問題、雇用、就職などの問題を
    俯瞰して考えた時、今後、彼らに求められる力は今後の困難極まる日本社会を生き抜く力
    であり、それは単に学力だけでなく、コミュニケーション能力であったり、努力する力で
    あったり、答えのない課題を解決する問題解決能力であったりと本質な学力とはまたベク
    トルの違う能力を育成する事が要求されているのである。
    その中で、「生きる力」を醸成していく為に学校図書館は多様な情報メディアを選択肢と
    して準備し、児童・生徒が主体的にそれらを比較した上で、評価し、選択できる環境を整
    備する役割を果たしていかなければならないという主張がある【1】。しかし、実際には児
    童・生徒が主体的に多様なメディアを最初から活用できる力を持っているわけではないの
    で、学校司書及び教師がそれを指導する立場になり、またそれらの知識や実践力を養った
    上で教育を行っていく必要があるわけであるが、それは本稿の主旨ではない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。