読書と豊かな人間性_課1_評価A_八洲_(最終評定:優)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,122
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校司書教諭免許取得科目:読書と豊かな人間性
    課題レポート(2012)。評価は最高のA。
    考察に重きを置いて書いています。
    ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 読書の意義と目的、読書指導の必要性について 800 字程度で述べなさい。
    読書の意義や目的として、「書かれた文章の内容をイメージする事、ないしは書かれてい
    る内容から自分の中で論理を組み立てて、整理した上で論理構築する力を育てる事」が挙
    げられると考える。この力を、読書を通じて醸成していく事は、将来的に何か書かれてい
    るものから必要な情報をくみ取り、理解し、自分の見解を考えるという社会に出て不可欠
    な能力に繋がるのである。また、何か書かれているものを理解する事の次に、その内容を
    理解した上で咀嚼し、自身が持つ認識や知識とすり合わせる事で、自分にとっての意味を
    考えて自分の糧とするような複雑な過程が続くが、理想的には先のような「読解力」や「思
    考力」を醸成して子供の成長を促す。ただし、それは読み物だけでなく、図表や絵やマン
    ガなどといった媒体からくみ取る場合もある事にも注意したい。
    以上、述べたように読書は子供の成長を促す非常に有効なものである事を述べたが、実
    際には活字離れが社会的に進んでおり、学校現場では読書を子供にさせる読書指導が重要
    となってくる。
    実際、どれだけ子供が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。