情報メディアの活用_課1_評価A_八洲_(最終評定:優)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,377
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校司書教諭免許取得科目:情報メディアの活用
    課題レポート(2012)。評価は最高のA。
    考察に重きを置いて書いています。
    ご参考ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問:情報社会において、児童・生徒が適切な情報メディアの活用を行っていくために、司
    書教諭がメディアの選択方法と各種のメディア基準をどのように捉えていくべきかを論じ
    てください。(字数 1500 字から 1800 字)
    高度情報化社会が進み、紙というアナログ媒体である本や図書以外にも、pdf ファイルな
    どの電子データを取り扱うコンピュータや電子書籍端末(iPad, Kindle など)を介して利用
    する図書館も増え始めている。公共図書館及び学校図書館は限られた予算の中で、社会に
    流通する多様な資料やデータを揃えて教育現場で活用しなければならないが、これまでの
    紙媒体である図書以外にも先に代表される電子データなど様々な媒体を学校司書及び教師
    は取扱い、子供に提供しなければならない立場となるため、図書や本の整理や貸借を扱う
    だけでなく、メディアの選定基準及びその安全性や志向性についての知識が必要とされる
    と考えられる。
    児童・生徒がこれらの多様な図書館メディアを選ぶ立場となった場合、その選択肢とな
    る情報メディアは複数備えておく必要がある。というのも将来的には児童・生徒が自分で
    情報メ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。