学習指導と学校図書館_課題レポート2_八洲_評価A_(最終評定:優)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数783
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校司書教諭免許取得科目:学習指導と学校図書館
    課題レポート2。評価は最高のA
    自分の考察を重視しています。
    ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問:学校図書館における情報サービスのあり方を考え述べなさい。
     図書館における情報サービスは利用者の情報要求に対する人的サービスの事であり、大凡以下の3つに分類される【1】。
    ・リファレンスサービス・・・情報を求める利用者に対して図書館員が仲介的な立場から、求められている情報あるいは資料の提供、提供ないしは援助を行うサービス。
    ・レフェラルサービス・・・文献や情報の要求に対して、その分野の専門家や専門機関を紹介したり、あるいはそれらに照会して情報を入手し提供するサービス。
    ・カレントアウェアサービス・・・利用者に対して、最新の情報を定期的に提供するサービス。
     学校図書館における情報サービスは主にリファレンスサービスである。例えば、利用者である児童・生徒からの情報に関する質問事項に対して対応するのは勿論のこと、教職員からの情報要求にも対応する。また、リファレンスサービスのみに限らず、学校図書館内の資料やインターネットでは得られない情報については、他の学校図書館及び公共図書館に協力を仰ぐ他、情報の要求レベルに応じて、専門家や専門機関に問い合わせるレフェラルサービスを行う。また、教職員に対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。