福祉行財政と福祉計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数570
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。
    参考文献は中央法規2009などです。
    文字数1589字程度です。
    全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉計画の策定主体に関しては、福祉系3分野の計画や地域福祉(支援)計画などのように法律に基づく計画は、地方自治体(都道府県・市町村)が策定主体となるが、多くの自治体では行政内部の設置要綱などによって計画策定委員会が組織されるのが一般的である。また、その場合には地方自治体の計画担当の部課が、事務局を担うことが多い。
    この過程では、手順・要件・課題にしたがって、構想計画、課題計画、実施計画の三つの計画が段階的に策定されていく。また、近年では計画の評価が重視されるようになってきたため、評価計画も含めて策定されることもある。この過程での計画の策定は、必ずしも直線的に進むものではなく、実際にはさまざまな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。