低所得者に対する支援と生活保護制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数442
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。
    参考文献は中央法規2009などです。
    文字数1549字程度です。
    全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活困窮状態にある要保護者の生活課題は、経済的問題が基底となり発生し、それは労働に関わる問題から、生活に関わる問題まで多岐にわたっているのが特徴である。
    今日では、以下のような多様な生活課題を抱える要保護者が増えている。具体的には、アルコール・薬物等の依存症、多重債務、DV、児童虐待、元ホームレス、地域のなかで孤立しネットワークをもたない高齢者・障害者、精神疾患等による社会的入院、貧困の世代間継承(再生産)などがあげられる。さらに要保護者のなかには、生活保護の受給が長期化している人も増えており、経済給付は行っているものの、それだけでは自立が十分に図られないという実態もみられるようになっている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。