相談援助の理論と方法②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数241
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。
    参考文献は中央法規2009などです。
    文字数1579字程度です。
    全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ストレングスモデルは端的にいって、ソーシャルワーカーが支援課題をとらえていこうとするときに、「強さ」や「能力」に焦点を当てようとするモデルであり、「豊かな能力、活力、知恵、信念、確信、望み、成長、可能性、自然治癒力など現在から将来に至るまでの強さに着目し、それらを引き出し、活用して問題を解決しようとする」支援観でもあると理解することができる。その際、ストレングスが複数形で表現されているように、個人のみならず、グループや地域社会・コミュニティ、つまりクライエント個人にとっての外部環境の「強さ」にも複数的に着目していくことが期待されている。また、その過程のなかで、ソーシャルワーカーが自らのストレン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。