障害者に対する支援と障害者自立支援制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数332
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。
    参考文献は中央法規2009などです。
    文字数1461字程度です。
    全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害保健福祉施策の改革を行うために、2005年10月に障害者自立支援法が制定された。その改革のポイントは、①市町村を基本とする仕組みへの統一と三障害の制度の一元化、②利用者本位のサービス体系の再編、③障害者の就労支援の強化、④障害福祉サービスの支給決定の透明化および明確化、⑤障害福祉サービス等の費用を皆で支えあう仕組みの強化である。
    障害福祉サービスの実施主体を、もっとも身近な市町村を基本とする仕組みに一元化するとともに、従来、身体障害、知的障害、精神障害、という障害種別に分かれていた制度を一元化した。
    障害者等(障害者または障害児)およびその保護者の状態やニーズに応じた支援を行うために、これ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。