就労支援サービス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数496
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。
    参考文献は中央法規2009などです。
    文字数1584字程度です。
    全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    まず、障害者の就労支援だが、障害者自立支援法における就労支援における事業内容として、①就労移行支援事業、②就労継続支援A型事業、③就労継続支援B型事業、の三類型を設けられている。それとともに、サービス管理責任者によるケアマネジメント、福祉・労働・教育等の関係機関による障害者就労支援ネットワークの構築、といった目標が示され、2006年4月1日から順次施行、2006年10月から5年間で新サービスに移行するとされた。
    就労移行支援事業では基本的に、①企業への就労を希望する者、または②技術を習得し、在宅等で就労したり、企業を希望する者のうち、65歳未満の者を対象像としている。
    事業所は対象者に対し、一般就労等への移行に向けて、事業所内や企業における利用者の標準利用期間(最大24カ月以内)で展開する。
    一般的なサービスとしては、通所を原則とし、本人の同意の元に作成した個別支援計画に基づく職場実習等のサービスを組み合わせて実施していく。また、それらのサービスを提供する事業従事者の基準配置としては、①サービス管理責任者、②職業指導員もしくは生活支援員、③就労支援員を充当することとなっている。
    さらに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。