高齢者に対する支援と介護保険制度②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数280
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。
    参考文献は中央法規2009などです。
    文字数1498字程度です。
    全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソンダースは、死にゆく人々へのケアを「ターミナルケア」と呼び、ホスピスケアや緩和ケアにその理念が引き継がれることになったが、これらの用語は混在して用いられていた。そして、1995年前後から北米を中心に新たに「エンドオブライフケア」という用語が用いられるようになった。日本では、まだこれらの用語が混在して用いられている。しかし、日本では、訳語として「終末期ケア」が用いられることが多い。
    高齢期の終末期の特徴として、リンらは、高齢者の死に至る経過に次の三つのパターンがあることを示した。
    がん:脂肪の数種運間前に全身の機能が急激に悪化するパターン
    慢性疾患(臓器障害(心臓・肺など)):急性憎悪と緩解を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。