高齢者に対する支援と介護保険制度①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数248
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。
    参考文献は中央法規2009などです。
    文字数1578字程度です。
    全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    認知症ケアの原則は、認知症高齢者の個別化と受容にほかならない。人生という時間の縦軸と、社会的なつながりという横軸の交差した状況において、高齢者本人とその家族の生活を個別的に理解できる専門的知識と完成が求められる。認知症高齢者の世界を理解し、その世界に寄り添い、その世界を共有させてもらうためには、一人ひとりの認知症高齢者の人生に対して、どれだけの敬意をもって理解しようと努められるか、この人生の先輩にどれだけ学ぼうという姿勢をもてるかによる。
    認知症高齢者は、長く「わからなくなった人」と認識され、孤独のなかでケアされてきた。しかし、それは大きな誤解であった。認知症の原因となる疾患や障害に関する研究..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。