現代社会と福祉①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数291
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)のものです。
    参考文献は中央法規2009などです。
    文字数1576字程度です。
    全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉政策とは社会政策の一種である。福祉政策の役目とは、福祉サービスを必要とする人々に対して福祉サービスを提供する事になる。
    しかし、社会福祉の専門用語の中には、一般の人々が理解することが難しいカタカナ語が多い。例えば、社会福祉学において最も基礎的な概念の一つである必要という概念も日本語化されておらず、ニードやニーズといったカタカナ言葉で表現される事が未だに多いのである。
    確かに、外来語にはこれまで日本になかった事物や思考を表現する言葉として、日本をより豊かにするという優れた部分もある。しかしその一方で、多用すると円滑な伝達が出来ないという障害となる面も出てくる。つまり、福祉政策においてはニーズ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。