「水」の暴走は止まるか?

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数191
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    完全雇用モデルを使って、貯蓄の重要性や、貯蓄に変わる代替的な方法を提案します。経済学の初学者にオススメです。具体例として社会資本(水道や堤防)を用います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●「水」の暴走は止まるか?
    ~「完全雇用モデル」で、貯蓄率の減少が社会資本へ及ぼす影響を検証する。
    1.はじめに
    近頃、筆者の周りでは「水」に関する事故が多発しています。当レポートを書いている季節は9月ですが、新聞・ニュース報道などでレジャー中の水難事故の話題をよく耳にします。しかし本レポートで扱う「水」の事故とは、上下水道管の破裂や堤防の決壊など「水が関わる社会資本」の問題について指します。
    言うまでもなく、上下水道や堤防は社会を構成するための大切な設備です。マクロ経済学の教科書では、固定資本や社会資本1などと呼ばれています。
    これらの固定資本は、毎年の総生産物から、その年の消費に必要な分を差し引いた分、つまり貯蓄(投資)によって賄われます。完全雇用モデルにおける、もっとも単純な貯蓄・投資恒等式を用いると、次のように表されます。
    Y=C+I(S)・・・・・・1)
    I(S)=Y-C・・・・・・2)
    Y→産出量 C→消費 I→投資 S→貯蓄
    そこで本レポートでは、完全雇用モデル(経済循環モデルにおいて、家計と企業のみを用いたモデル)に沿って、仮に「この貯蓄が減少する場合」において、産出量..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。