労働市場、生産物市場、資本市場における経済の相互関係の考察

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数281
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    労働力人口の減少の影響について完全雇用モデルで説明します。
    経済学の初学者の方や完全雇用モデルについて関心のある方におすすめします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●労働力人口の減少は各市場にどのような影響を及ぼすか?
    ~「完全雇用モデル」を用いて労働市場、生産物市場、資本市場する。
    1.はじめに
    多くの経済学のテキストを読んでいると、最初の方に経済学の原理原則が示されます。
    テキストによって「10大原則」や「9つの原理」といった具合に示されますが、その原理原則は大きく次の2つの分類に分けることができます。
    1)個人の選択
    「何」を行うべきか、あるいは「何」をするべきではないか。また行うなら「どれぐらい」行うべきかなど、個人の意思決定の問題が、経済学のあらゆる基礎となっています。
    2)要素間での相互作用
    1)で示す個人の選択といっても何の制約もなしに個人の選択が行われているわけではありません。その選択は、周りの環境や社会を構成する他の行動主体(政府や企業)の動きに大きく依存してます。
    マクロ経済学では、「○○さん」や「▲▲株式会社」といった個々の小さな行動主体を、「家計」や「企業」といった具合、その行動主体を大きく概念化します。そしてより大きくなった経済の行動主体が、どのように相互作用を及ぼすかを考察することに、その役割があります。
    そこで本レポ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。